八重山料理潭亭  
彩飯
         
                   
    「八重山料理をもっと多くのひとに知ってほしい。季節ごとの仕込みはたいへんですが、どんなに忙しくても好きなので苦になりません。」    
                 

宮城礼子 Reiko MIYAGI

八重山・石垣島生まれ

八重山料理潭亭の店主。ピアノ教師の顔も持つ。

義祖母は、八重山初の女性教師として活躍、80歳を越えて「八重山生活誌」を出版し、98歳の長寿をまっとうした宮城文。

「八重山生活誌」によると、他地域では見られない八重山独自の食文化が発達した理由は、昔、八重山に駐在する琉球王国の役人・琉球在番と薩摩藩からの役人・大和在番をもてなすために、高度で洗練された料理技術が発達したことだという。

宮城礼子は、代々家に伝わる行事料理を通して、八重山の伝統的料理を那覇の地で現代の食としてよみがえらせた。(「しあわせの沖縄料理」より)

しあわせの沖縄料理

★「しあわせの沖縄料理」
(2000年PARCO出版)で
八重山料理のレシピを
紹介しています。

                 
 

宮城信博 Nobuhiro MIYAGI

八重山・石垣島生まれ

定年退職後、妻・礼子を支え共に潭亭を営む。

潭亭を経営する傍ら執筆活動を行い、2009年秋には書籍「北木山夜話」を発行し、新たなる一面を発揮した。2017年春に、増補改訂版が文芸春秋企画出版より「八重山日和」を刊行。

「沖縄の内田百閨vでしょうか。著者が記録しなければ、消えていったかもしれない民衆史のひとこま。泣いて、笑って、誰かに話したくなる南の島のちょっといい話。沖縄タイムス、琉球新報の書評欄で絶賛された名随筆、待望の改訂版です。ヤマトばなれしたユーモアをお楽しみください
(担当編集者より)

八重山日和

★大型書店、amazonにて発売中。

お近くの書店にない場合は
「八重山料理潭亭」まで
お問い合わせください。


  時折催される琉球舞踊付きの宴会。

琉球舞踊琉球舞踊琉球舞踊琉球舞踊


   
  ・トップページ ・お店のご案内 ・メニューのご案内 ・潭亭使用の野菜 ・宮城礼子メッセージ ・交通のご案内
首里城とゆいレール