八重山料理潭亭

ビバーズィジューシー  島ハーブ




潭亭は、那覇市の首里城近くにある、八重山地方の伝統料理に創意と工夫を盛り込んだ、特色ある料理店です。
食材の多くを石垣島から取り寄せ、料理をお出しするまでの全行程を店主が行っていますので、お客様をきちんとおもてなしするため、お昼と夜の完全予約制(前日までの予約)となっております。

大嶺實清氏の器に盛られ、野菜をふんだんに取り入れた料理を、がじゅまるの木々の緑や涼しく吹き抜ける風、首里城を望む景色とともにお楽しみいただけます。

首里城直下の池”龍潭”に面し「潭亭」と称して12年間営業してまいりましたが、道路拡張のため移転を余儀なくされました。2005年5月に首里虎頭山高台の寓居を使うことにいたしました。首里城の全容が左手間近に、慶良間島が遠く右手に見渡せる閑かな場所に移転しました。「八重山料理」をー段と充実させご来店をお待ち申し上げております。


潭亭 睡蓮
入り口正面のスイレン

 

 

しおり『散策 潭亭』からー

首里城の北方約一粁の丘陵大地は古来”虎頭山(とらずやま)”と称されてきた。文字通り、遠くからは虎の頭に見えたものらしい。眺望が佳く、那覇のほぼ全景が眼下に展がるこの地は昔、老松が林立していたそうである。
虎山松濤(こざんしょうとう)として”龍潭夜月“などとともに首里八景に数えられた景勝地である。その面影はわずかに残っていて、今は小公園となっている。
あまり知られていないが、その奥の方に佐藤惣之助の詩碑がひっそりと建っている。陶芸家浜田庄司の造形で、もとは首里城城趾の一角にあったのだが、城復元に伴いここに移されたものである。「琉球諸島風物詩集」から”宵夏”の一節が引かれ刻されている。





佐藤惣之助の詩碑
・トップページ ・お店のご案内 ・メニューのご案内 ・潭亭使用の野菜 ・宮城礼子メッセージ ・交通のご案内
首里城とゆいレール